ハロウィーン、一人だし、参加してみよかな。

いつもはハロウィーン、冷ややかにみてました。元婚約者がそういうの嫌いだったから。私は別に、すきでもきらいでもないんだけど、まあ、嫌だっていうのなら…くらいな感じで話あわせてた。で、「一人になったので、よろしく~」って昔の合コン仲間に声かけてたら、ハロウィーンどうするの?って。

 

ハロウィーン=ナンパ待ち?っていうことかなとおもったらそういうことではないみたい。でも、確かに声かけられるし、こっちからも声かけやすいらしい。彼氏がいてもそういうの期待して、毎年、渋谷→六本木ってながれていってるんだって。六本木は通りはすごいけど、お金のない人が殆どでお店はそんなに混んでるって訳でもないみたいでさ。あ、安いところとかサイゼリアとかファミレスは入れないよ。ただ、普段六本木に来ない人がハロウィーンは出没するらしいね。これには少し受けました。

 

去年は、渋谷と池袋がすごかったらしいね。なんか、ハロウィーンって若い人限定イベントかとおもったけど、最近はそうでもないみたい。どうやら小さなお子さんをおもちのお母さんが幼稚園とか商店街のちびっ子のハロウィーン仮装みたいのにはまってから、結構、女子は幅広い年代でそこそこ受け入れられているみたい。

 

でも衣装ってみんなどうしているんだろう?今年どうする?って声かけてくれた友達は去年までドンキだって。っていうか、一昨年かって、去年も同じハロウィーン衣装をきてたんだって。でもなんか、気持ちがもりあがらない。恥ずかしいって気づいたらしい。で、その友達いわく、目立ったもの勝ちだって。恥ずかしいならどこかビジネスホテル予約してとまる?で、ホテルで着替えるのもありだよね?って。ま、あと一ヶ月の時点で予約とれるのかどうか、私は正直、そこまでは考えてなかったからまったくわかんないけどね。でも、間違いなく、バレンタインデーよりも女子にとっては重要なイベントじゃあないかな。だって、いまどき憧れの男性にチョコで告白、なんてありえないよね。すでにつきあっている男女のイベントだからさ。バレンタインデーなんて。女子同士、あるいは彼・彼女がいてもその日だけは同性同士で繰り出す、ってのがハロウィーンの流儀じゃない?そういえば、カップルで参加ってほとんどみたことないよね。

 

なんか、すっごく会話がとんじゃったけど、どこでハロウィーンの衣装を買うか?結構、悩むよね。楽天とかで買うのかなあ?みんなそこで買うんじゃないかな?普段、つかっているショップとは違うんだけど、楽天もいろいろなお店あって評判わるいところも結構、あるらしいから、通販のハロウィーン衣装って、結構、やすかったりするから逆に不安なんだよね。でも…せっかくなので、今年はハロウィーン仮装デビューしようと思っています。楽しみながら最大限、出会いのチャンスを取りにいくよ!

涼しくなったから皇居ラン、再稼動!&お節の早割り始まったね!

9月の中旬になって、ちょっとだけ涼しくなってきましたね。

ここ2年くらい皇居ランやってます。最初は婚約者と始めたんだけど…

婚約解消となってしまいました。婚約といっても口約束だったんですけどね。それが今年の夏、双方の合意に基づき解消と。

なんか、皇居ランしていると、結構、顔見知りとか出来たりして…いつも一緒だった二人が別々?!いかにも大人の事情があったのね?って推測させちゃうので、夏の暑さ(と言うほど今年の夏の暑さきつくなかったけど)を理由に休んでいました。気持ちの整理も着いたし、スタイル保ちたいから皇居ランを再開しました。

で、実家の両親には年末、二人でいくはずだったことまで伝えてあったのですけど、それも、破局したのでなくなったことを伝えました。本当に、肩の荷がおりました。実は、実家の両親には気を使って欲しくなくて、今年のお節は買って、私たちが持っていくよ!ってことになっていました。

破局したけど、それはそれ。せっかくだから、初めてだけど、通販おせち、たのむつもりでした。なにしろ実家の母もおせちは面倒って毎年のようにいってんです。これがうまくいったら、毎年、通販のおせちにしてもいいかも。煮物とかお酒の肴系はすぐなくなるから、東京で単品で余分に買って持っていけばいいですよね。

 

実は、料理はあまり、得意ではないです。ですから、お節も結婚したら、実家の母に教わりながら自分でつくらなきゃなかなあ、なって思っていたころもあったのですが、母が年なのもあるけれども面倒そうにしているなあと思っていました。私、仕事納め、29日だし。どうなんだろう。で、まあ、そこは後で考えればいいやと思って、通販のお節のサイトをみていました。通販おせちって、結構、メニュー豪華ですよね。私は「紀文」と「匠本舗」のサイトをみているのですが、匠本舗なんで金沢とか京都の料亭の板前さんが監修したお節をうってるんですよ。しかも、早割りとかで1万円も割り引いてくれたり…ね。1万円ってすごい!逆に、定価で買う人ってどんだけ…直前で、申し込む人なんでしょうね。とにかく、最初の早割りの締め切りが9月末というのも衝撃でした。このタイミングで申し込むのもこれはこれで、準備早いですよ。

 

もう、こういう状況なので母にも相談してみたら、今年は定番の紀文のお節が食べてみたいということなので、匠本舗のような大幅な割引はまったく期待できないけど、申し込んでみようと思います。ちなみにセットで買うんじゃなくて、単品でお節の具を売ってもいるみたいです。さすが海産物系につよい紀文ならでは、ですよね。味には期待できるんじゃないかなって期待してもいます。あ、あとこういうところの伊達巻。子供の頃から私は伊達巻好きなので、伊達巻は別にたのんでみようかな。こっちの早割りの締め切りはまだ、だいぶ先なのでちょっとゆっくり選べそう。